« 音の博物館 完成!! | トップページ | DACの出力(OPアンプ) ピンコード延長は危険 »

D/Aコンバータキットを組み立てた!

音の博物館の、D/Aコンバータは 昔のD/Aコンバータ内臓

のAMP(ビクターだと思う、最下位がZだったような・・)を流用で

近代的ではないので、ONKYOのSE-U55Xの音がいいという

のを鵜呑みにして、代えてみたが・・あまり良くない。

そこで、インターネットに BarburaunのPCM1798のキットが

紹介してあったのを手がかりに、入手し組み立てた。

Image045 

結構、満足行く音で 明日、音の博物館でテスト。

ついでに 風景が、また変わったので紹介します。

Image044

ONKYOのD77-XGが、映画館から戻って来たので、ウーハの

エッジを張替えて、音だしテスト中です。スコーカも右のボイスコイ

ルがまた断線。

今回は自己修理をあきらめ サービスに交換を発注しました。

いまだに、修理してくれるのは オンキョーくらいでしょうか・・

|

« 音の博物館 完成!! | トップページ | DACの出力(OPアンプ) ピンコード延長は危険 »

真空管アンプ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: D/Aコンバータキットを組み立てた!:

« 音の博物館 完成!! | トップページ | DACの出力(OPアンプ) ピンコード延長は危険 »