« 音の博物館 工事完了!! | トップページ | JBL4343を思いっきり鳴らす »

アンプ スピーカ切り替機

「島原 音の博物館」で、アンプとスピーカの切り替機が必要

になったので、部品を集め 手作りを実施。

Vfts0024 

アンプ2台、スピーカ3台を 電源を入れたまま、切り替え

可能にしてみた。電源を切れば、アンプは3台 切り替え可能。

難点は、ロータリーSWが 目的に叶うものが見当たらず、

4回路3接点のものを、2回路パラ接続で 容量をごまかした。

この影響が、どう出るか だが 10~20Wの真空管アンプ

の切り替だから、大丈夫でしょう・・そうに違いない・・きっと

|

« 音の博物館 工事完了!! | トップページ | JBL4343を思いっきり鳴らす »

真空管アンプ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンプ スピーカ切り替機:

« 音の博物館 工事完了!! | トップページ | JBL4343を思いっきり鳴らす »