« JBL4343はやはり凄い | トップページ | UV-845 カソードチョークドライブA2級 »

島原市商店街がシャッター通りになるのを防ごう!

島原に民間の文化施設 音の博物館 設立趣旨

 ~島原幼稚園80周年記念事業になる 可能性があります~

予定場所:島原市中堀町 社会福祉施設<宝生園>向かい側

開所時期:2010年4月1日を予定

趣旨と運営:

1、商店街が シャッター通りになりつつあるのを防ぐ 運動に参加。

 通り面はガラスショールームにする予定ですが、非店舗です。

 扉は、二重の防音構造で 部屋も同様の防音の予定です。

 展示&試聴室 の広さは、概ね 45平方メートルです。

2、非営利の 私立の施設で、月~土曜の 概12~19時を開館。

 原則、15歳以上の 市民・観光客へ公開します。

 高校生は学生証のコピーをさせてもらいます。

 幼児同伴は ケースバイケースで判断します。

 展示品は ガラスパーツの集合体で、かつ高温になります

 感電・やけど等 安全確保のため、15歳未満は保護者同伴を

 必須とします。

展示物の事例:

Tennji_2

3、入場料は、いただかない方針です。

 運営は、民間の寄付行為の範囲で実施、私立です。

 展示に価値を見出されたかたは、募金箱へ寄付ください。

 指定日時開館のご要望には、可能な限り対応いたします。

、24時間、シャッターは下ろしませんが、内部照明は

  11~19時を目処にライトアップの予定です。

5、お客様へ、積極的なおもてなしは いたしかねます。

 自由に、見て・聴いて いただきたく考えます。

 試聴曲のリクエストには、可能な限り お応えします。

6、飲食の提供は、実施できません。また 全面禁煙です。

 アルコール飲料の持込は厳禁しますが、ケーキ等の菓子

 などの寄付は 大歓迎します。

7、ご希望の方には、真空管アンプ作りの技術指導をします。

 材料費は実費を負担いただきますが、指導料は無償です。

8、各種 オーディオ機器の持ち込み試聴は、事前に連絡

 いただけば対応いたします。 あくまで自己責任を了解ください。

9、音の博物館では 原則として、小売は実施しない予定です。

 ご希望の方には、インターネットオークションの方で対応させて

 いただきます。

10、展示物(原則的には、動作品が中心)

・ビンテージオーディオスピーカー 常時デモ試聴を予定

・真空管アンプ類 動作するものの展示を予定

・昭和初期のラジオ、当時の技術文書

・昭和40年ころの、真空管ラジオ 聴けると思います。

・自作の真空管アンプコレクション 試聴可能です。

事例 : 一関はジャズ喫茶 ベイシー 、一般販売店 等

Jirei_2

|

« JBL4343はやはり凄い | トップページ | UV-845 カソードチョークドライブA2級 »

音の博物館を創ろう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24417/32803830

この記事へのトラックバック一覧です: 島原市商店街がシャッター通りになるのを防ごう!:

» 「音の博物館」に古典ラジオを寄付します [JA2DHC/JA1CTYのブログ]
「すももの木」で知り合った、ベテランの真空管アンプ自作マニアのWさんが、「島原に民間の文化施設 音の博物館」を設立することになりました。 [続きを読む]

受信: 2010年1月 6日 (水) 20時20分

« JBL4343はやはり凄い | トップページ | UV-845 カソードチョークドライブA2級 »