« 次の試作モデルは SV811-10 に決定 | トップページ | SV811-3 のドライブは難しい »

展示室レイアウト

トータルの広さは40平米強、JBL4343を鳴らすには狭い・・

ショーウンドウの側が幅6m、右手スピーカ側へ7mの奥行き。

改装前の現在、響き過ぎで フラッターエコーが酷い状態。

Room 

改装の方針:遮音は、ペアガラスの性能に依存。

壁反射は、シナ合板と吸音パネルを交互に配置で制御。

床は、コンクリートの上にフローリングなので、天井を吸音材

で構成し、下地は遮音シートで 音を遮断の方向。

ドアは、前室付きで 二重ドア、かつ室内側はペアガラス。

この仕様で、改装費用がいくらまで膨らむか?戦々恐々である。

予算に収まらなければ、開館断念も視野に 検討中。

|

« 次の試作モデルは SV811-10 に決定 | トップページ | SV811-3 のドライブは難しい »

音の博物館を創ろう」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 展示室レイアウト:

« 次の試作モデルは SV811-10 に決定 | トップページ | SV811-3 のドライブは難しい »