« ONKYO Septer1001 入荷 | トップページ | 音の博物館 実現が有効射程距離に入る! »

久留米大医学部 眼科のY先生

子供が、アトピーで失明寸前に陥ったのを、緊急手術で救って

いただいた、I教授の門下でY先生が 天神へ転勤とのこと。

まだ、子供の目の定期点検は続行しているが、そちらへ転院を

勧められた。

保守点検が主体なので、通学の都合もあり 生体腎移植のメンテ

が九大と周辺病院なので、好都合と思う。

子供は 20年前なら、生き残れなかったと思うと 感無量である。

|

« ONKYO Septer1001 入荷 | トップページ | 音の博物館 実現が有効射程距離に入る! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久留米大医学部 眼科のY先生:

« ONKYO Septer1001 入荷 | トップページ | 音の博物館 実現が有効射程距離に入る! »