« 入場券が当たった!! | トップページ | 島原に音の博物館を創ろう »

すももの木に参加

12月5日(土)、すももの木の例会に参加した。

前日は、相模原市で NHKの公開収録を楽しみ、充実!!

10台あまりの 力作を聴いたが、やはり大型のOPT

を使ったものは、深く 厚い音調で、好ましかった。

持参した 6L6GC HyperDrive方式アンプは、低歪み

で、好感を得ていたようである。

http://www.cattlea.jp/tomonokai/info.php?id=20

Nさんという、トランスメーカをリタイヤした技術者の

チョークに関する、ノウハウ説明が有意義であった。

OPTや、電源トランスより、チョークの方が性能を出す

のは困難らしい。

縦割り巻きと、多層巻きは、どちらがいいのかと尋ねた

ら、縦割り巻きが いいそうである。

コイルは、コアに近い部分が磁気抵抗の影響を受けや

すく、重ねあげて巻くと 層間のキャパシタンスが直列・

並列にコイルに抱きつく形になって、予定の性能が出な

い場合があるらしい。

よって、縦割りに分けて巻いたものを 組み合わせて

直列にして所定のインダクタンスを得る構造がいいの

だが、経済性と性能のバランスが難しいとのこと。

昔、真空管TVで良く見かけた 多段のバイファラ巻きの

チョークは、この辺を具現化したものなんだろうと推定。

音声帯域の上限くらいから、巻き方構造上の影響が出る

とすれば、やはり廉価な 単純巻きのチョークトランスを

カソードチョークドライブに使うのは・・

|

« 入場券が当たった!! | トップページ | 島原に音の博物館を創ろう »

真空管アンプ」カテゴリの記事

すももの木」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すももの木に参加:

« 入場券が当たった!! | トップページ | 島原に音の博物館を創ろう »