« JAL 客離れのワケ9 | トップページ | 創薬ロボット事業の引き受けてが・・ »

JAL 客離れのワケ10

今朝の朝刊に、5,000人の人員削減とある。

また、組合が反対のメッセージを出しているが、

職場自体がなくなるのと、再生に向けて一致団結

と、どちらを取るのだろうか?

八岐大蛇と別名される、8つの組合に対して、各々

と交渉しなければならない経営陣は、難業苦行の

毎日であろう。

一度、ご破算を願いまして 組合、経営陣とも再度

一致団結、会社を作り直す取り組みをしないと、

資本提携しても、また 同じことの繰り返しになると

思えるのは、筆者だけであろうか?。

組合が、このようなテイタラクでは、顧客目線のサー

ビスなど、心ここにあらずになると思うのだが・・・

|

« JAL 客離れのワケ9 | トップページ | 創薬ロボット事業の引き受けてが・・ »

飛行機のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JAL 客離れのワケ10:

« JAL 客離れのワケ9 | トップページ | 創薬ロボット事業の引き受けてが・・ »