« 真空管アンプ失敗の巻 顛末 | トップページ | 紳士とそうでない人の差 »

関西空港の巻

JALとANA 結局 どんな乗務員に当たるか・・

6日朝のJAL便で関空へ、7日夜はANA便

F空港は、3番ゲート
JALのラウンジはインターネットが使えるので便利。
メールチェックして、ゲートへ向かう。
海外ツアーと思しき おばちゃんの集団に遭遇。

08:05出発で、着陸が09:05定刻。
今回は、MD87で 最前列。
この機体は古いが エンジンが最後部にあるので、前方席
はまったく静寂、
巡航に入って 風の音のみ。

JASの機体と乗務員なのだろうな、JALとはやや雰囲気が
違う。飴をまた貰って、ご満悦

夜の帰りの便

ANAの国内線 関空のラウンジはインターネットが使えない。
B737-700型の席は金曜の下りだが 空きが目立つ。

最新の機体で、機内もMD87に比べると汚れなしで、清潔。
JALのMD87は、ここかしこ 埃と薄汚れが目だった。

今日は暑いので、飲み物サービスはリンゴジュースを
所望。
氷を入れてくれる気遣い、JALにはないなあ・・

七夕様で、ラウンジの職員は浴衣、金平糖のお土産つき。
今回は 気遣いで ANAの勝ち。

ANAから スーパーフライヤーの名札が送られてきたが
どんなご利益があるのだろう。
JALはグローバル会員の名札があるが、国際線に乗る
時、優先以外は ご利益なし・・

ラウンジフリーパス とかならまだご利益ありなんだけど。

|

« 真空管アンプ失敗の巻 顛末 | トップページ | 紳士とそうでない人の差 »

飛行機のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関西空港の巻:

« 真空管アンプ失敗の巻 顛末 | トップページ | 紳士とそうでない人の差 »