« 帰国 疲れたあ~ | トップページ | HTS装置の必要機器 詳細9 »

時差ボケと戦う

JAL 客離れのワケ10

帰国から48時間を経過。
まだ、からだがふわふわする。きょうの健康診断はパス!
少し動くだけで、体が疲れる。だれか 脱出方教えろ~

米国レポートを少々。

12時間、飛行機のシートに括り付けられ、せっせと食事
まさに、フォアグラ製造装置みたいな状態。
米国では、移動は全て車、道を歩いている人は、今回も
1人しかみかけなかった。
ロスから南へ約80kmのコスタメサというオレンジ村に
宿を取り、仕事先のサンディエゴまでは また車。

どこへ行くのも車で、ほとんど歩かない。
見かける現地人は ほとんどビア樽状態。若い女性がス
リムな以外は 例外なし。キュートな美人はまれである。

食事を分析すると、高脂肪・高カロリーで野菜なし。
ミツワという日本食マーケットのフードコートで日本食を
中心に食事をした。
日本から持ち込んだ インスタントの味噌汁が最高!

インスタント食品を持ち込むのが、一番であるが ホット
ポットがないと、ホテルに熱湯はない。

タイ食レストランでは、大半のメンバーが量が多すぎ食
べ残し。食べ物を粗末にする文化である。

但馬という日本食レストランは、定食が10ドルで、これは
いい。量が多すぎるのが 玉にキズかな。

前回のオオタ という寿司屋さんは、日本の回転すし屋
どころ。期待してはいけない。
気取った日本食レストランは例外なく、30~40ドルでま
ずい。

名前は忘れたが、南カリフォルニアにしかないというハン
バーガチェーンは 美味しかった。5ドルで飲み物、ポテト
付。

仕事でなければ、冒険もできるが 食あたりでもしたら何し
に米国に行ったかわからないので、今回はほとんどを日本
食に
して、正解であった。

JALの客室乗務員も、米国に入国する前に 食事情報や
お泊り情報を提供すると、受けがいいと思うのだが・・
ロスの食事ならこことか、空港のここは美味しいとか
機内にそういう情報をおいてあれば、これは受けると思う。

|

« 帰国 疲れたあ~ | トップページ | HTS装置の必要機器 詳細9 »

飛行機のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時差ボケと戦う:

« 帰国 疲れたあ~ | トップページ | HTS装置の必要機器 詳細9 »