« あい ちゃん | トップページ | HTS装置に必要な機器 詳細8 »

JAL 客離れのワケ6

JALとANAの違いで検索。

JALの乗務員に対して、かなり厳しい意見が目立つ。
公平な 客観的な目で見ると、ANAと雲泥の差という
訳ではないと思うのだけど。

ささいなことで、印象を悪くしている というのが実態。
そのささいなこと というのは、教育訓練の錬度とかい
うものではなくて ちょっとした気配りの有無では?

ANAでは、乗客がトイレを使ったら しばらくして必
ず清掃・確認をしているが、JALでは確かにあまり見
かけない。JALでも国際線では、かなり頻繁に清掃・
確認をしているから 単純比較はできないが、この辺は
あまり違いはないのかもしれない。

新聞が出払って切らした場合、出払ってありませんでは
なく しばらくしたら読み終わる方がありますので待っ
てくださいとか・・言えばいいのに。

事実をストレートに言うだけでは、顧客満足度は下がる
だけだが、フォローする言い方であれば 満足度は上が
ると思うのですが。

もう一つは、もともと羨望の職場だから 特に同性から
は厳しく見られている と弁護したい。

会社を見るには、トイレの清掃状況と 受付けの応対で
判断できるという意見もあるが、客室乗務員は航空会社
の顔で、会社の体質を最も良く表しているとも言える。

フレンドリーか 近づき難いか、その辺の雰囲気も違い
があると思う。JTAの客室乗務員は ANAと雰囲気
が似通っているのは、この辺と思う。

客室乗務員が 接客という仕事を、どう自分で消化して
いるか この辺の違いが JALとANAの印象の違い
と思う。
心のありようは必ず 行動に 表に出る。

|

« あい ちゃん | トップページ | HTS装置に必要な機器 詳細8 »

飛行機のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JAL 客離れのワケ6:

« あい ちゃん | トップページ | HTS装置に必要な機器 詳細8 »