« 転職の理由 | トップページ | 真空管アンプ神経逆撫でⅡ »

JAL 客離れのワケ8

F空港の JAL窓口職員は 猛省すべし。

早めにF空港カウンタでチェックイン。
職員が *? 翼 という女性で、珍しかったので、記憶。
関空で、搭乗してみたら お願いした席と、ぜんぜん違う・・

念入りに、2階がエコノミーならば、非常口の前を とお願い

し、同時に 同行者も席を確保いただいた。
72Aとあったので、勘違いかな と思ったら案の定。
最前列から2番目で、身動きできない・・

希望通りにできないのなら、どうせ乗れば分かるのだから
あいにく 確保できません、と正直に言えばいいのに・・

これでは、JALの評価は さらに下げざるを得ない。
関空のグローバルラウンジも、質問にろくに答えられず、
裏では私語が 声高に聞こえる。
午後の便の到着時刻を聞いただけなのに、眉間に皺。
これは、JALの病気は かなり重症と思っても いいのかも。
さらに OJTを、客の前でやるのもいかがなものか・・

幸い、飛行機の乗務員は 過不足なく気持ちのいい対応
のできている方々だったので、助かったが。
行動に 陰日なた、裏表のない乗務員だった。
でも、名前で呼ばれると ちょっと気恥ずかしいな。きっと
クレーマリストに載っているとしか思えないけど・・

パイロットも、案内を何度か流し 乗客に説明があり、良
い印象だった。

帰りの便で、LAXのカウンターを含め 職員がどういう対応
か じっくり観察(いじわるだなあ)してみよ。
前回とおなじく 感じがいいかどうか、JALの最終評価!

|

« 転職の理由 | トップページ | 真空管アンプ神経逆撫でⅡ »

飛行機のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JAL 客離れのワケ8:

« 転職の理由 | トップページ | 真空管アンプ神経逆撫でⅡ »