« 微量分注は難しい | トップページ | アトピーで失明!! その後 »

JAL 客離れのワケ1

今日は、まったく今までとは違う話題。

最近、我が社のJAL離れが加速しているらしい。
年間では、何億円もの航空券利用が JALから他社
へ流れているらしいとのこと。

その理由は、ちまたで言われている安全云々ではなく
海外出張時の格安航空券でUPグレードが可能か否か
らしい。(JALは2005年4月から、UPG利用に制限)

この事実をJALが知ったら、料金体系はどうなるの
か 興味がある。
例で、LOS便JAL格安:7.9万円UPG不可
ANA格安(21日前発券)7.5万円UPG可能
らしい・・というのは直接確認はまだできていない
からだけど。JALも2005年3月までは、UPGできた・・

JAL便は1週間前までに発券すればOKだが、AN
Aは21日前 という違いはあるが、UPG可能か否
かは、海外便を一度でも利用したことのある人であれ
ば、大問題であることは理解できよう。

とにかく、海外出張時はUPGを自腹でも使いたいし、
利用者の大半が 特典UPG券を、毎年使いきれず
捨てている実態を航空会社は知っているのだろうか?

以外なところで、ビジネス利用の航空会社選びが決ま
っているのに気がつくと、ユーザの欲求の本質を 利
用者本位と言いながら、航空会社は切り捨てているよ
うに思える 今日この頃である。

航空会社で 顧客満足度を高めるのは、意外な視点が
必要なのかもしれない・・
今日のANA便、ボンバルディアDH400は満席だ
ったが、良く揺れた・・JALは大型機なんだけど遅
い時間帯しかないし・悩ましい。

|

« 微量分注は難しい | トップページ | アトピーで失明!! その後 »

飛行機のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JAL 客離れのワケ1:

« 微量分注は難しい | トップページ | アトピーで失明!! その後 »