« HTS装置に必要な機器 詳細4 | トップページ | 設備開発での 路線対立!! »

なんと アトピーで失明!!続編2

なんと アトピーで失明!!続編2

今日、医師に術後の経過と再手術を説明いただいた。

右は、1.0まで回復していて まず大丈夫だろう、
問題は左目で 来週木曜に手術とのこと。 

左は白内障で眼底が見えないし、超音波画像では何
度か剥離の形跡があるので厳しいらしい。

剥がれた網膜が、皺がよっていたり 硝子体が網膜
と癒着していると 剥がす時に網膜を多少は損傷す
る可能性がある。

剥離してからの時間経過が経っている形跡が見える
ので、このような所見とのことだった。

今回は、術後にガスではなくシリコンオイルを硝子
体のかわりに充填し、6ヵ月後に抜く再手術が必要
との 説明であった。

マイクロサージェリーで、ある程度の機能回復が出
来るのは、大変ありがたいことではあるのだが・・

大学病院で、地域拠点の指定があり 高度先端医療
ができる環境であって、経験豊富な術数の多い医師
に巡り合えたのが、今回の ささやかな幸福である。

お世話になっている大学には、抗体医薬の分野で有
名なI教授もおられるということで 創薬に関係す
る立場としては さらに縁を感じる。

|

« HTS装置に必要な機器 詳細4 | トップページ | 設備開発での 路線対立!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めまして。表題が目に付いてお邪魔しています。病の事は分りませんが、子の病ほど辛い事はありませんね。我が家も最悪の経験のあと子の健康は親の責任として精一杯頑張ってきました。製造業も原材料の品質によっては粗悪品が出来上がるように、体も食材次第だとして食生活を大切にしています。病になったら専門家にすがるしかないのですが、それまではそこに至らないように日々を大切にしています。闘病は闘病として、元気で居る取組も併行してお互い頑張りたいと思います。頑張ってください。失礼しました。

投稿: 5151 | 2006年4月 7日 (金) 22時00分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんと アトピーで失明!!続編2:

« HTS装置に必要な機器 詳細4 | トップページ | 設備開発での 路線対立!! »